食べたものを脂肪細胞に運ぶ手伝いをしている1つにビーマル1というたんぱく質がありますが、このたんぱく質の活動が最も抑制されているのが午後3時前後に対し、最も活動が活発になる=食べたものが最も脂肪になりやすいのは午後10時以降から、ピークは夜中の2時です。

引用:マイナビニュース

同じものを食べても、日中よりも夜の方が太りやすいのはそのためです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です