セレブを中心に流行中のインターミッテント・ファスティング(断続的な断食)。その盛り上がりはシリコンバレーにも飛び火し、Twitter社の共同創業者にしてCEOのジャック・ドーシー氏も実践しているという。

引用:マイナビニュース

9日、CNBCの広告記事に掲載された内容によると、ドーシー氏は朝6時30分から9時30分までの間にたった1食しか食べないというのだ。メニューはいつも「魚、鶏肉またはステーキに、サラダとほうれん草、アスパラガスまたは芽キャベツ。そのあとミックスベリーのデザートを少々」。ドーシーはCNBCの取材に対し、1日1食しか食べないことで「集中力が増すんだ……これが活力源となって、とことん集中できるんだよ」と語った。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です