サニーヘルスはこのほど、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」にて、調査レポート「運動後もカロリーが消費され続ける『高強度インターバルトレーニング(HIIT)』とは?」を公開した。

引用:マイナビニュース

「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」とは、ハードな運動(=高強度な運動)と短い休憩を交互に行う運動法のこと。運動終了後もカロリー消費がされ続けるため、脂肪が燃焼されやすい状態を持続させることが可能だという。この現象は「アフターバーンエフェクト(運動後脂肪燃焼効果)」と呼ばれている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です